レディ

管理能力の高さに驚きの声が寄せられています|POSレジの機能性

事業譲渡の流れ

複数の人

事業譲渡を行おうと考える企業も少なくはありません。事業譲渡をする場合はまず仲介業者を探すと良いでしょう。仲介業者を探す場合はインターネットなどを利用して探せば数多くでてきます。インターネッットを使い仲介業者を見つけたら、サービスの内容を確認しておきましょう。大まかな流れを知りたいという人も多くいるのでこれから、これから大まかな流れを紹介していきます。まず相談予約をしましょう。メールや電話で予約が可能です。予約後は相談をしにいきます。その後は正式に依頼するかどうかを決めましょう。正式に依頼したら、企業選びなどを行います。売る企業を決めたら、売るか買うかという点でズレが無いかを確認後様々な決議や面談をして最終契約にいきます。最終契約では株主総会などから承認を貰わなければいけません。株主総会から承認されなければ、事業譲渡を実行に通すことができないので注意です。
承認されれば事業譲渡の期日や手続きがあります。大まかな流れを紹介しましたが、事業譲渡というのは非常に手間のかかる作業が多いです。手続きもかなり多いですし、話し合いも多いので大変な作業をこなしていかなければいけないことでしょう。事業譲渡をするという場合はそれなりの理由があり行われると思います。難儀な手続が多いですが根気強く作業を一つ一つ確実に終わらせていきましょう。事業譲渡に関してもっと細かく知りたいという場合は、インターネットを利用して仲介業者のホームページにあるサービスの案内や譲渡手続きの流れを見ることをおすすめします。